筋トレ

筋トレ初心者が気になるBCAAについて詳しく解説

「ん?もしかして昨日肩やりました?」

こういうこと言われると嬉しいですよね。筋トレは褒められるとモチベーションに繋がります。

さて今回は、筋トレ初心者が気になっている下記の疑問について解説していきます。

ジムに行ってるけど、みんな飲んでるあの蛍光ペン色の飲み物ってなに?

僕もジムに初めて行ったときに思いました。
実はあの飲み物こそBCAAなのです。プロテインじゃないですよ!

筋トレに効果のあるBCAAとはなに?

成分

BCAAの成分

BCAA(Branched Chain Amino Acid の略)は必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。※必須アミノ酸は人が体内で生成することができないアミノ酸のことです。

スポーツドリンクや栄養補助食品に含まれていることがあります。

近年では、筋肉にとって非常に重要なアミノ酸であるわかり、注目を集めています。

こんな人におすすめ

・長時間筋トレをしたい人
・筋肉痛に悩んでいる人
・ダイエットしている人
・仕事や勉強に集中したい人

男性だけでなく、女性や学生にもおすすめできます。

BCAAの4つの効果とは?

 筋トレの効果アップ

筋トレをすると、筋肉に蓄えられている糖質(グリコーゲン)や脂肪を使用しエネルギーを生み出しますが、さらに長時間筋トレを続けると血中にある糖や脂肪に加えてアミノ酸もエネルギーに変えようとします。
そのため、不足したBCAAを摂取することにより、パフォーマンスが向上することになります。

筋トレを行うと、エネルギーと筋肉を消費します。BCAAを飲むことで筋肉の分解を防いでくれるます。

結果的に筋肉の消費を抑えることになり、筋トレの効果アップに繋がります。

 疲労感、筋肉痛の軽減

BCAAを摂取することで、筋肉が損傷した部位の修復や早期回復などが可能になります。

 ダイエット

食事制限をすると、体内にあるエネルギーが足りなくなり、筋肉が分解されやすくなります。
筋肉が分解されると痩せにくい体になってしまうのでBCAAを摂取することでそれを抑制することができます。

また、BCAAに含まれるロイシンは満腹ホルモンであるレプチンを刺激し、食欲を抑制する効果もあります。

 集中力アップ

精神的な疲労と関係しているのが脳内で生成されるセロトニンという物質です。
BCAAを摂取することで、脳内のセロトニン生成を抑制し、精神的疲労の軽減に繋がります。

飲み方について

BCAA単体では、筋肉が作られない。

BACC自体は筋タンパク質合成の引き金ではあるが、材料はないため筋肉が作られません。

よって、筋トレを行う前に材料であるホエイプロテインなどを飲んでおく必要があります。

BCAAを飲むタイミングとしては、

<筋トレ前>

筋トレ開始の約45分前に飲むのがベスト。
いざ、筋トレを始めるときにすぐにBCAAの効果を発揮することができます。

<筋トレ中>

筋トレ中もBCAAは消費していくので、僕は喉が渇いたら飲むようにしています。

<その他>

集中力が必要となる、テスト前やプレゼン前に飲む。

がいいと思います。

ちなみにあまりに長期間保存しておくと、湿気ってしまいカッチカチになってしまうので注意しましょう。

【番外編】EAAとは?

筋トレ

ここまでBCAAについて解説してきましたが、実はそれを上回るものがありました。

それが、EAAです。

EAAとは?

EAAとは必須アミノ酸である、バリン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、リジン(リシン)、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン(トレオニン)、ヒスチジン、計9種類を指します。

ここで気づいた人も多いかと思いますが、実はEAAにはBCAAも含まれているのです。

EAAのデメリット

・味がクソ不味い
僕はまだ飲んだことがないのですが、様々なレビューを見てると、その不味さに購買意欲がなくなりました。

・値段が高い
ざっくりですが、海外製で1kg約10000円、日本製で500g約10000円とBCAAと比べてかなり高価となっています。

・お腹がゆるむ
約15gの摂取が良いとされていますが、30gや40g摂るとお腹が緩み下痢になります。

まとめ

お金に余裕があり、ガチで筋肉でてっぺん取ってやる!って人は、EAA単体をおすすめします。

しかし、僕のような金なしボディメイク厨の人は、BCAAとホエイプロテインでいいかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です