旅行

日本を制すヒッチハイクのコツ【攻略本】

こんにちは、yudaiです。

僕は、今年2019年6月に茨城県から福井県までヒッチハイクで日本横断しました。

僕がヒッチハイクをやろうと思った理由は3つあります。

1.自分に自信がつく。

2.行動を形にするという点で、結果が出やすい。

3.あのホリエモンもやってよかったと絶賛していた。

初めてながら上手くいったと思うので、自分の経験を元にヒッチハイクのコツなどを説明します。

本を制すヒッチハイクのコツ

悩める人
悩める人
やってみたいけど、テレビみたいに上手くできるのかなー?

この疑問に解消して、今すぐヒッチハイクに出かけよう!!

身だしなみを整えよう

もし、自分がヒッチハイカーを乗せるとしたらと考えた時、まず外見を見ると思います。

体や服が汚れていたり、臭ったり、見るからに不潔そうな人を車に乗せたくはないですよね。

なので、できる限り清潔感を保つように心がけるようにしましょう。

特に夏場は汗ばむので、ウェットティッシュや制汗スプレーでキレイに!

匂いは自分では気づかないものです。

言葉遣いに注意しよう

これに関しても、自分がヒッチハイカーの乗せる時を考えましょう。

敬語で話す
本名を名乗る
100万ドルの笑顔

この3つはめちゃくちゃ重要だと思います。間違いなく初対面の人なので相手も不安です。
名前を名乗ることで相手の不安を解消することができ、相手の懐に入る第一歩になります。

僕が声をかける時は、

「すみません、僕、本田雄大って言います。」
「今ヒッチハイクしてまして、〇〇に行きたいのですが、乗せていってくれることはできますか?」ニコッ

と、このように言っていました。

この声掛けで、相手に不快な印象を与えたことは一度もありませんでした。

ボードの文字はデカく、簡潔に

ヒッチハイク

黒マジックで文字は太く濃く美しく書きましょう。

近くに来てようやく見える文字ではダメです。
動いている車を止めるには、遠くにいる段階で気づいてもらわなければないません。

また、なにを書くのかも重要です。

僕が書いたのは、

・〇〇(地名)方面
・〇〇自動車道上りor下り

この2択です。

他に書くとしても、目的地を邪魔しない程度に、♡マークや☆マーク、顔文字などでデコるくらいでしょう。

よくない例として、

・〇〇方面まで行きたいです。よろしくお願いします。

が挙げられます。

これだと、肝心な目的地が見えにくいのでやめましょう。
感謝の気持ちは声掛けの時でOKです。

Googleマップの有効活用

マップアプリならなんでもいいですが、特に高速道路の〇〇自動車を調べておくと便利です。

自動車道を間違えると大幅に時間をロスします。

場所を制すものは、ヒッチハイクを制す

ヒッチハイクをする場所はめちゃくちゃ重要です。

特に一般道でヒッチハイクをするときに関してですが、下記のようにまとめました。

 交通量の多い道路を選ぶ

いくら道路が広く、見晴らしのよい場所でも交通量が少ないと止まってくれる確率がぐーーんと下がります。

 高速道路入口に繋がる道路を選ぶ

あと100mで高速道路入口という地点がオススメです。
一般道は基本的に近場を移動している地元のドライバーが多いです。
なので、今から高速道路に乗ろうとしている車を狙うのがいいです。
しかも、高速道路入口付近は道路幅が広いので車を止めやすいという利点もあります。

安全第一です。自分にとってもドライバーにとっても事故に繋がらない場所を選びましょう。

しっかりアピールしよう

・ボードを両手で持ち、上に掲げる
・ボードを片手に持ち、もう片手で親指を立てるか、手を振る

この2つがオススメです。

座ってボードをバックに立てかけておいたり、お腹の前でボードを持って仁王立ち状態はあまりよくないです。

元気よく躍動感をつけましょう。

サービスエリア・パーキングエリアでの声掛け

サービスエリア・パーキングエリアであれば、直接ドライバーに声掛けすることができます。

声掛けのポイントは下記の通りです。

 車のナンバーを見よう
目的地方面のナンバーなら高確率で成功します。

 異性への声掛けは控えよう
日本においてヒッチハイクの文化はほとんどなく、昨今の女性への卑劣な事件も相まって、相手は危機感を覚えます。

 休憩中のドライバーへの声掛けはNG
座席シートを倒していたり、トラックならカーテンを閉めている場合のほとんどが休憩中です。
マナーとしてやめましょう。

 お店やトイレから戻ってくるときがベスト
漏れそうなときに声掛けられたくないですよね。

ぶっちゃけサービスエリア・パーキングエリアまで行ければ、こっちのもんです。

車は途切れることなく来ますし、お店もトイレもあります。

また、雨が降っても屋根があるので安心ですし、夜間の声掛けも可能です。

サービスエリア・パーキングエリアで足止めくらうことはまずないでしょう。

会話を楽しもう

いざ車に乗り込んで、沈黙はよくないです。

乗せていただいたので、その場は楽しくしましょう。

おしゃべりが好きなドライバーもいれば、聞く専門のドライバーもいますので、臨機応変に会話をしましょう。
ヒッチハイクの話は盛り上がります!

乗せてくれたドライバーが、乗せてよかったと思えるようにしたいですね。

SNSを使おう

出だしはテンションが上がっているのでノリでなんとかなりますが、全然つかまらない時は、一気にテンションが下がります。

そういう時は、

「ヒッチハイクなう。2時間待ちぼうけ、クソ萎えるw」

と写真を添付して投稿しよう。

自分の恥ずかしい一面を晒すと、意外と心がスッキリします。

ヒッチハイクにおける心構え

感謝の気持ちを忘れない

ぶっちゃけヒッチハイクは偉くもスゴくもありません。

悪い言い方をすると無賃乗車です。

なので、声を掛けた人(拒否された場合を含む)に「ありがとう」と感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

僕が一般道で2時間粘って、やっとの思いで乗れた時は、本当に人の優しさを感じることができました。

目的はなんでもいい

ヒッチハイクする目的は人それぞれあります。

・思い出作り
・お金がないから
・行動を形にしたい
・自己PRに載せたい
・「日本横断しました」という肩書き作り
、、、etc

経験して思うのが、その目的以上に得るものがあるということです。

年齢なんか関係ない

ヒッチハイクというと、大学生が夏休みを利用して行うイメージが強いと思います。

テレビやSNS、ブログなどでヒッチハイクしている人を見て

「私もやってみたい!」

という気持ちになっても、自分の年齢が気になってできないという方もいるのではないでしょうか。

大丈夫。

僕は、32歳現役バリバリのニートです!!

ヒッチハイクのメリット

いろんなジャンルの人に出会える

出会いといえば、大学のサークル、バイト、会社の同僚となんだかんだ自分のいるコミュニティ内のみになりがちです。

ドライバーの方と話をしていると、仕事のことや経験談、いろんな人生観を知ることができるので、自分の世界を広げることができます。

僕が出会った人の中に、南極と北極に旅をしたクレイジージャーニーがいました。

コミュニケーション能力と度胸がつく

ヒッチハイクをしていると嫌でも人に話しかけなければ目的地に着くことは出来ません。

見ず知らずの人と会話をすることはとても難しいです。

初めはしどろもどろですが、目的地に着いたときには、コミュニケーション能力つき、声を掛ける抵抗感がなくなっているでしょう。

また、道路脇でボードを掲げる時は緊張と恥ずかしさが半端じゃないです。
例えるなら、

「授業中、先生をお父さんと呼んでしまった」

あの感じです。

しかし、何度もやっていると自然と慣れてしまうものです。

自分に自信が持てる

僕は、ヒッチハイクをするまで自分で目標を立てて結果を出したことは一度もありませんでした。

・就職活動したとき
・仕事で成果を出したとき

これらのように「親」や「上司」に言われてやったことはたくさんありますが、自分でなにかやり遂げた経験がなかったため、自分に自信がありませんでした。

しかし、ヒッチハイクをすることで小さな成功を経験することができ、自分に自信が持てるようになりました。

まとめ

これらのことを実践すれば、1日動けないということはないと思います。

僕は、一度だけ2時間待ちぼうけをくらいましたが、それ以外は全て30分以内に成功しています。

うまく出来ない場合はなにか原因があります。その時は本記事を振り返ったり、別の方のブログを参考にしたり試行錯誤をしてみてください。

僕はヒッチハイクで、いろんな人と出会い、初めての経験をし、確実に成長することができたと思います。

やって損はなくメリットだらけなので、やろうか迷っているなら是非やってみることをオススメします。

 

おわり。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です